R&R親父のカリフォルニア・ライフ!!!

Metal, Punk, Hard Coreも大好きです!

アメリカの病院食の紹介をしてみたいと思います。

 先月膝と足首の手術をしたのですが感染症にかかってしまい入院してまいました。僕の感染症は、分かりやすく説明すると手術をした傷口からバイ菌が入ってしまって大事に至ってしまいました。

 でもタカがバイ菌が入っただけでも怖いですね、午前中何だか身体が熱っぽいなって感じる位でしたが夕方になると40度以上の熱が急に出て全く下がらないんですよ。そこで急いで夜間の緊急病院へ行ったら即入院。

 皆さんも体を切ったり火傷したときは、気を付けてくださいね。

 すみません、前置きが長過ぎて。そろそろ本題のアメリカの病院食の紹介をさせて頂きます。入院2日目で少し体が楽なってたので、病院食の紹介行ってみましよう!


f:id:badboykitchen:20191113035458j:image

 これが昨日の夕食です。白いお皿の手前の四角い2切れの物がターキーミートローフ、そして左奥がマッシュポテトとグレービーソース、右奥は、ジャスミンライスです。真ん中は、牛乳で右手のスープは、ミネストローネです。

 どうです?病院食でもコッテリ感満載でいかにもザ・アメリカンって感じがしっかり出ていますよね?

 肥満大国と言われている割に皆さんカロリーとかも物凄く気にしていてきちんとカロリー表とお品書きも付いてきました。


f:id:badboykitchen:20191113043802j:image 
 
f:id:badboykitchen:20191113043849j:image
 僕の結論から言いますと (アメリカの皆さんすみません上から目線で) やっぱりアメリカンフードは、不味いです。1番の問題は、全て料理に下味が全く付いていない事ですかね。病院食とはいえ少し位下味は、付けた方が良いかなーと。

 ただ上の写真を見て頂くとお分かり頂けるのですがこれだけコッテリした見た目なのに597カロリーは、流石病院食ですよね。

 それでは、みなさん病院食のお世話にならないようにお体に気をつけて下さいね。やっぱり体が資本ですもんね。